5/26(土)日本リハ工協会関西支部シンポジウム「ワタシ達が社会に出るには何が要るの?-女性の、女性による、女性のための福祉用具活用人生術-」開催

一般社団法人日本リハビリテーション工学協会より

一般社団法人日本リハビリテーション工学協会関西支部シンポジウム

ワタシ達が社会に出るには何が要るの?

女性の、女性による、女性のための福祉用具活用人生術

女性障害者特有の、身体的な、あるいは社会的な生きにくさや悩みなどについて、
福祉用具の活用やバリアフリーの観点から、様々な視点で考えていきます。

【話題提供者】
◢村田惠子氏(DPI女性障害者ネットワーク)
 女性障害者が抱える課題について、日本だけでなく世界の動きも交えてお話しいただきます。
◢古井正代氏(脳性まひ者の生活と健康を考える会)
 障害者運動の中での女性障害者の状況、子育て・母の介護、アメリカと日本の比較などを
 お話しいただきます。特に自身が使われている福祉用具にも触れていただきます。

◢田上 香氏(ユニバーサルサービスアカデミー)
 福祉機器や住環境整備を生活に取り入れることで、自力で無理なくできるような生活を送ら
 れています。住環境整備(身体機能に応じて住環境も変化)のこと、利用している福祉機器の
 ことをお話しいただきます。

◢日 時:2018年5月26日(土) 13:30-16:30(13:00開場)
◢会 場:大阪府社会福祉会館 5階503室
◢参加費:会員・学生 500円
     非会員  1000円
  ※参加費は当日会場でお支払いください。
   また、お釣りのないようにご協力ください。

◢申込〆切:2018年5月24日(木)
◢申込先:関西支部事務局 kansai@resja.or.jp

主催:一般社団法人日本リハビリテーション工学協会関西支部

◢プログラム◣
13:30-13:40 開会の挨拶
13:40-14:10 講演①:村田惠子氏
14:10-14:40 講演②:古井正代氏
14:40-15:10 講演③:田上 香氏
15:20-16:20 パネルディスカッション コーディネーター:杉本昌子氏
16:20-16:30 閉会の挨拶

参加申込

氏名・所属・連絡先(電話またはメール)などをご記入の上、
メールまたはFAXにて下記までお送りください(5/24(木)〆切)。
※情報保障を希望される方は、5/2(水)までに事務局までご相談ください。
その他ご要望等があればお書きください。
申込は・・・メール:kansai@resja.or.jp FAX:078-974-1920

◢会場案内
 大阪府社会福祉会館5階503室
 〒542-0012 大阪府大阪市中央区谷町7丁目4-15
◢最寄り駅
 ・地下鉄谷町線・長堀鶴見緑地線「谷町六丁目」駅4号出口
  (谷町筋を南に500m、谷町7丁目交差点を西に入る)
 ・地下鉄谷町線・千日前線「谷町九丁目」駅2号出口
  (谷町筋を北に800m、谷町7丁目交差点を西に入る)

【問い合わせ・申し込み先】
一般社団法人日本リハビリテーション工学協会 関西支部事務局 (神戸学院大学・糟谷研究室内)
メール:kansai@resja.or.jp  FAX:078-974-1920

日本リハビリテーション工学協会関西支部シンポジウムチラシ

カテゴリー: お知らせ・報告 パーマリンク