大阪頚髄損傷者連絡会個人情報取扱ガイドライン

個人情報の定義
 個人情報とは、住所、氏名、年齢、電話番号、メールアドレスなど個人が識別できる情報をいいます。
個人情報の収集方法
 個人情報を収集する場合には、利用目的をあらかじめ明らかにし、その収集内容も目的に合った範囲内に限定します。
個人情報の利用目的
  • 会員の場合
     本人への連絡、会員への会員名簿の配布、電話連絡網の作成・利用、機関誌での新入会員のお知らせ、機関誌・必要書類の送付、個人が特定できないよう統計処理したデータとしての利用、各種催しなどの案内、アンケートなどの協力、行事の際の行事保険への加入、全国頸髄損傷者連絡会本部からの機関誌送付。
  • ボランティア・その他の場合
     本人への連絡、機関誌の送付、各種催しなどの案内、行事の際の行事保険への加入。
本部への情報提供
 会員の個人情報は、上部組織である全国頸髄損傷者連絡会に提供されます。
個人情報の管理・利用
 集めた個人情報は、細心の注意をもって大阪頸損連絡会役員会で適切に管理し、当該目的の範囲内で取り扱います。
 個人情報の取り扱いを含む業務を外部に委託する際は、個人情報を目的外で利用せず、かつ情報漏えい・流出のないよう、適切かつ厳重な取り扱いを委託先に要請します。
個人情報の訂正・登録抹消
 収集した個人情報は、提供した本人による申し出に基づき、適切な範囲内において適切な方法で個人情報を開示し、確認・訂正したり削除することの求めに応じます。
附則
 本ガイドラインは2005年9月1日より施行する。