頸損だより2016冬(No.140) 2016年12月18日発送

頸損だより2016冬(No.140) 2016年12月18日発送

もくじ

けいそんなう

 今年の11月で42歳になりました。頚損になったのは19歳の時だったので、気が付けば健常者歴を大きく超えてしまっていました。
 以前、頚損の大先輩から「夢の中でも車椅子に乗っていれば、一人前の頚損になった証拠や!!」と冗談まじりでおっしゃられていたのですが、最近、どうやら私も立派な!?頚損になったようです。
 入院当初の状態から考えると、ここまで生き長らえることができるとは夢にも思わなかったですが、折角、助かった命、一日一日、大切にしていきたいと原稿を書きながら改めて思いました。
 何とか2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでは元気に頑張りたいです!!

杉本 真一

カテゴリー: 機関誌「頸損だより」 パーマリンク